発芽してるものをロックウールに移動

発芽してるものをロックウールに移動

注文していたロックール培地が届いたので
早速サボテン種まき祭りのためにスペースを確保です。

既に全部発芽した白星と
一部発芽している緋牡丹錦の芽を
潰してしまわないようにそーっと移動です。

緋牡丹錦と白星
緋牡丹錦と白星

左が緋牡丹錦の芽。
かなり小粒で育っているのが少ないけど数が多い。

右が白星。
どれもまるっとしてて順調に育ってきてる。

緋牡丹錦の方も育ってきたら見分けがつかなくなりそうなので
ケースの外側にラベルが貼ってあります(*´艸`*)

これを見て
サボテンの芽だ!
と思う人ってどれくらいいるんでしょうねぇ…。
このブログは種と芽ばっかりな状態で
誰得だよ…と思いながら書いてます()

水が濁って見えるのは
ロックウールの繊維が解けてるのでしょうがないのです。
でも無菌だから大丈夫(๑•̀ㅂ•́)و✧

ぐっしょりと水を吸い込んでくれるのに
ちゃんと空気は入ってて
根が張れる柔らかさという
好条件を満たしてくれるのがロックウールなのです。

100円のスポンジよりはもちろんお高いんですが。
発芽率・成長率共にアップするので
本気を出すならロックウールと私は思ってます。

容器がご飯タッパーだったり
芽が小さいからと密集させてたりするので
小さいブロックを使ってます。

高さもそんなにあってもらうとラップがかけられないので
厚さを半分にカットして使ってます。

ロックウールは素手で触ると繊維が刺さって
洗ってもずっとチクチクしたりするので
ちぎる作業は手袋した方がいいかも。

まぁ、面倒なんでちょっとの作業は素手でやっちゃうんですが。
チクチクするなぁと思いながらw

ちなみにアスベストとは違って発がん性もなく
体内に溜め込まれないので安全です。

Scroll Up