白星×白星パンチパーマの種を蒔いてみた

白星×白星パンチパーマの種を蒔いてみた

またこんな季節に性懲りもなく…
なんですが(;´∀`)

白星の種を20粒蒔いてしまいました。

この種は白花の白星と桃花の白星パンチパーマの交配種です。
どんなサボテンになるかはお楽しみ。的な。

20粒
20粒

20粒蒔いた写真。等倍です。

だんだんちょうどいい深さの容器もなくなってきまして()
陶器のプリンが入っていた容器に
ピンクの食器用スポンジを仕様。

種はオキシドールを含ませたティッシュでモミモミコロコロ。
水にはオキシドールをニードルボトルで2滴。
水に入れるオキシドールは濃すぎると発芽しないので控えめに。

ニードルボトルってなんぞって感じですよね。
化粧品とかリキッドとかの詰替えに使う針付きボトルです。
ニードルボトルの2滴はスポイトだと1滴分くらいかな?

水の量も割合も測っているわけではないので
完全に適当ですけど(;´∀`)

気持ち程度に水が腐りにくくなったらいいなぁとか
ホントに気持ち程度で入れてます。

水耕栽培の水に入れるのはアオコ防止になるので
そっちはホントに意味があるのですけど。

そしてこの白星の種もまた小さい!
緋牡丹錦と同じくらいか気持ち大きいかくらい。
でも緋牡丹錦よりふっくらしてるというか、
触ってる感触があってまだ扱いやすかったです。

そしてラップをして他のサボテンと同じところに並べます。
うちは日照ゼロなので
完全に植物育成ライトに頼って…。

発芽…してくれるといいなぁ。
こんな時期に冒険しまくりですが(;´∀`)

Scroll Up